スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最強の変化球を検証してみた 基本球種編

結果

基本球種編

初期のパワプロから登場しているスライダー カーブ フォーク シンカー シュートの
基本5球種についての結果です。


検証の方法はこちらになります。
検証方法

全て先発登板で、投球回数200イニング超えた試合終了時点の防御率、平均登板回、QSスタート率(6回3失点以下)を
記録しました。

基本変化球表

結果を見ると、思った以上に変化球ごとに差がついていますね。

カーブが全ての指標で一番よい結果をのこし、CPUに有効な事が分かります。

反対に、フォークはCPUに打ち込まれています。



次に自操作(全球ど真ん中に投げる)時の結果です。
基本変化球表2

ここでの初球被打率は、初球をヒットにされた数÷打数となっています。

自動操作時と変わらずフォークはよく打たれていますね。
OPS1.660 はステボンズ(OPS1.421)を凌駕するレベルです。

一番優秀なのは意外にもシンカー
奪三振が0ですが、打たせて取るピッチングで被打率が最もいいです

カーブは初球被打率が2%と極めてひくく、2ストライクに追い込むことが多いため奪三振率が高くなりました

まとめ

自動操作時 カーブが最も有効

自操作時   
併殺狙い(ゴロで打ちとる)にはシンカー、
三振狙いはカーブ
 
が有効


あくまでこのデータはど真ん中に投げ込んだ時のものですが、参考にしてみてください。


フォーク系編
pawapuroken.blog.fc2.com/blog-entry-13.html




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pawaken

Author:pawaken
「実況パワフルプロ野球」の検証および情報を紹介するブログです。
ネタバレ情報などもございますので、ご注意ください。
情報は随時更新していきます。

当ブログはリンクフリーです、リンクの際の報告は必要ございません。

※当サイトに掲載されている情報には、検証中のもの、ネタバレの要素が含まれておりますので、注意してご覧ください。
※当サイトに掲載されている攻略、データ類の無断使用・無断転載は固くお断りします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。